眼圧を下げるサプリがあるの?おすすめはルテイン!

眼圧 サプリ

緑内障をまねく原因の1つに、房水(目の中を循環する液体)の供給と排出の異常があります。これにより眼圧が高まり、視神経を圧迫することにより緑内障となります。実はこの異常がどうして起こるのかは、まだハッキリとわかっていません。ですが年齢を重ねる毎に、こうした代謝異常が起こりやすくなるのは事実です。老化、つまり活性酸素による酸化の影響は見逃せません。

 

これに対抗するために、おすすめしたいのがルテイン。ルテインは強力な抗酸化力をもっている成分です。眼圧対策だけでなく加齢黄斑変性症にもよい成分ですので、目のために摂っておきたいところ。当サイトでは、ルテインがしっかり配合された厳選サプリをランキング。抗酸化に着目して選んでみてください。

 

めなりの特徴

ルテイン+αで抗酸化力をUPさせたサプリです。ルテインの効果をUPするゼアキサンチンをベストバランスで配合。サポート成分として、酸化したものを元に戻す力「還元力」が強いアスタキサンチン・クロセチンをプラス。目に嬉しいビタミンやミネラルもしっかり配合しています。アントシアニン豊富なビルベリーは特許取得の特別なものを使用。すべて業界トップクラスの配合量でトータルに目をサポートします。1日33円〜という始めやすい価格も魅力です。

価格 907円
評価 評価5
備考 ルテイン・ゼアキサンチン・・アスタキサンチン・クロセチン

 

一望百景の特徴

ルテインをしっかり配合したサプリです。国産材料を贅沢に使ったサプリになっています。アントシアニンは熱に強い紅芋由来のものを、ルテインは八重山かずら・マリーゴールド由来のものを使っています。1日1粒なので、たくさん飲むのは苦手という方にもおすすめです。徹底したコストカットで1日約60円を実現しています。

価格 1,620円
評価 評価4
備考 ルテイン・アントシアニン

 

小林製薬の機能性表示食品 ルテインの特徴

目のために摂っておきたいルテインが1粒で摂れるサプリです。ルテインの効果をUPするゼアキサンチン、抗酸化ビタミンであるビタミンEを一緒に配合しています。必要なものだけを摂りたいという方におすすめのサプリ。2ヶ月ごとに2袋の定期お届け便なら、1日約40円〜となっています。機能性表示食品になります。

価格 1,109円
評価 評価3
備考 ルテイン・ゼアキサンチン・ビタミンE

 

眼圧を下げるサプリはルテインが良い

 

眼圧が高いと目の病気のリスクが出てきてしまいます。そのため、眼圧を下げるために何か対策する必要があるのですが、この時、ルテインサプリメントを使うのがおすすめです。

 

それでは、どうしてルテインサプリメントには眼圧を下げてくれる作用があるのかについて、ご紹介していきましょう。

 

○目の周りの血行を改善してくれるから

 

眼圧を下げるためにも、サプリメントを活用するといいでしょう。サプリメントの中でもおすすめは

 

・ルテイン
・アントシアニン

 

などです。眼圧が高い時には、目周りの血行を良好にしてくれる栄養分が必要ですが、ルテインやアントシアニンはまさに目の周りの血行を促進してくれるものです。

 

アントシアニンやルテインと言えば、ブルーベリーにたくさん含まれていますが、眼圧低下の目的で使うのであれば、毎日200グラムくらいブルーベリーを食べなければいけません。

 

しかし毎日これだけの量のブルーベリーを食べるのって、正直きついですよね…。そこでルテインのサプリメントで手軽に摂るのが人気です。

 

ストレスがたまっている人も目周りに活性酵素が出てきてしまい、眼圧を上げる要因になってしまいます。しかしルテインサプリメントをとっていれば、眼圧上昇を防げるでしょう。

 

○眼圧が高くなってしまう原因とは

 

そもそも眼圧が高くなってしまう原因は、眼球が外側へ押されて圧力がかかっているからです。ストレスが過剰にたまっていて自律神経が乱れる事によって、眼圧は高くなりやすいです。

 

眼圧が高くなると目周りの血行が悪くなってしまい、視神経は緊張します。そのため圧力がかかり、眼圧上昇につながってしまうのです。眼圧が高い状態が続くと、以下のような症状が出てくるので参考にしてみてください。

 

・眼精疲労
・吐き気
・目がかすんでくる
・頭痛

 

上記のような症状がすでに出ている人や、予防したい人はぜひルテインサプリメントを活用してみてくださいね!

 

眼圧とは?正常値はどれくらい?

 

眼圧にも正常な範囲というのがあります。その範囲を超えていると「眼圧が高い」と言われ、気をつけなければいけません。

 

○眼圧の正常値ってどれくらい?

 

眼圧の平均値は、【10〜20mmHg】と言われています。中には25mmHgくらいあっても、目の病気に発展しない人もいるので、たとえ現在この範囲を超えてしまっていても、すぐに眼病になるわけではありません。ただし30mmHg以上になってくると危険です。

 

○眼圧=目のかたさ

 

眼圧とは「目の中の圧力」の事を言います。圧力というと少し難しいですが、「かたさ」と考えていいでしょう。目の中では一定量の水が作られていて、これと同じ量が目から流れ出る事によって眼圧は正常に保たれています。

 

目の中で作られる水分量が増えてしまい、流れ出る量が減ってしまうと眼圧は上がってしまいます。眼圧を正常範囲にキープしなければいけない理由としては、

 

・目の形を保つ
・目の中の血流を良好にする

 

眼圧が高いと視神経が傷んでしまうので、目の障害が発症しやすくなってしまいます。だから眼圧が高いのは好ましくないのです。

 

○眼圧が高い人におすすめのサプリメント「ぬなり」

 

眼圧はサプリメントで下げていく事も可能です。こちらのサプリメントにはルテインとビルベリーが配合されていて、アメリカで特許取得されたものです。ルテインとビルベリーを同時に摂る事によって、ルテインの本来の効果も2倍になります。

 

目に必要な栄養も、ブルーベリーサプリよりもはるかに高いのが魅力です。しかも栄養が豊富なだけでなく吸収率にも優れているので、効果が期待できるでしょう。初回購入であれば返金制度もついていますし、解約もいつでも可能です。まずはその効果を試してみてはいかがでしょうか。

 

眼圧が高い原因と症状は?

 

病院で、「少し眼圧が高いですね〜」と言われた事はありませんか?眼圧が高いからといって、すぐ目の治療を受けなければいけないわけではありませんが、数値が正常範囲にあるのが理想です。今回は、眼圧が高くなってしまう原因や症状についてご紹介していきます。

 

○眼圧が高くなってしまう原因とは?

 

眼圧は、「房水」という液体で正常に保たれています。房水の役割は、

 

・目に必要な栄養を運ぶ
・眼珠の形を保つ
・目を正常な状態に保つ

 

などあります。しかしこの房水の出口が何らかの事情でせまくなってしまうと、房水は排出されにくくなってしまい、眼圧が上がってしまいます。眼圧が上がりやすい人は、以下のような人たちです。

 

・何らかの原因で隅角がせまくなる
・先天性(もともと出口がせまい)
・何らかの原因で目詰まりを起こしている

 

眼圧が高いとどうして危険かというと、その分視神経を圧迫してしまうので、細胞が死滅する危険性があるからです。

 

○眼圧が高いと出てくる症状とは?

 

眼圧が高いと次のような症状が出てきてしまいます。

 

・目がかすむ
・吐き気
・頭痛
・眼精疲労

 

これらの症状が出てしまったら眼圧が高くなっているサインです。眼圧はいつ測っても同じ数値というわけではなく、季節や年齢、近視や乱視のレベルによっても変動してきます。

 

しかしある程度一定の数値におさまっているでしょう。何らかの原因によって房水が必要以上に増えてしまい、眼圧が高くなると視神経を圧迫してしまいます。

 

視神経が圧迫されてしまうのは目にとってよくありません。そのため、放置していると目にトラブルが出てきてしまい、ひどいと失明する恐れがあります。自分の眼圧は定期的に把握しておくと安心でしょう。

 

眼圧を下げるには?目薬に効き目は少ない?

 

眼圧を下げるために目薬を使いたいと考える人もいるでしょう。しかし目薬だけで眼圧は下げられるのでしょうか?気になるところですよね。

 

○目薬が眼圧を下げてくれる

 

緑内障は眼圧が上がってしまう事で発症する病気ですが、目薬がその眼圧を一時的に下げてくれます。目薬には眼圧低下の効き目はありますが、緑内障を治すものというわけではありません。

 

眼圧が高いと緑内障にかかるリスクが高まりますが、一度緑内障にかかってしまうと治る事はありません。そのため、できる限り早い段階で緑内障発見に努め、これ以上症状が加速しないようにする事が治療方針です。

 

目薬の他にも内服薬が用いられる事もありますが、強い副作用の懸念があります。
特に緑内障は高齢者がかかりやすいので、内服薬の副作用によって身体に大きな負担がかかると考えられます。

 

○緑内障の治療は目薬から

 

眼圧が高いと緑内障になるリスクがあります。すでに眼圧が高くて緑内障になっている人は、最初の治療として目薬を使うのが一般的です。薬物療という事ですね。目薬を使って眼圧を下げていく治療となります。

 

緑内障になると、視野欠損という怖い症状が出てきます。そのため治療目的としては、現状以上に視野がなくならないように食い止める事です。といっても、目薬だけではすでにいたんだ視神経を修復し、視野を回復する事はできません。

 

○緑内障治療のための目薬は2種類あります。

 

緑内障の治療で使われる目薬のタイプには、2種類あります。

 

・房水排出を促す
・房水産生を抑える

 

あなたが今使っている目薬はどのようなタイプか確認してみましょう。また、目薬を処方されたら、必ず医師の指示通りに使わなければ危いけません。正しく使って緑内障悪化を防ぎましょうね。

 

眼圧が下がらないと…どんな病気になるの?

 

目の検査を受けに行くと、眼圧測定もやりますよね。何のために眼圧を測っているのか気になりませんか?眼圧が高い事で目の病気のリスクが高まってしまうので、眼圧検査しています。

 

たとえ現在は目に何の異常がなくても、眼圧が高い事で病気のリスクを早期発見する事ができるのです。

 

○眼圧って何のこと?

 

目の角膜や水晶体、硝子体などには血管がありません。血管のない組織にも栄養を送り届けるために、目の中には房水(ぼうすい)と呼ばれる水が作られる仕組みになっています。

 

房水が目の中を流れる事によって、眼圧が一定に保たれ、同時に目の形を丸く保ってくれています。

 

○眼圧検査って?

 

目の検査を行う時、目に風を当てる検査がありますよね。それが「眼圧検査」です。風を当てる事で眼圧を測っています。眼圧の正常な値は10mmHg〜20mmHで、30になってくると無視できません。

 

○眼圧が高いとどんな病気が疑われる?

 

眼圧が高いままで、なかなか下がらない場合には以下のような病気が疑われます。

 

緑内障
恐らく、眼圧が高い事で真っ先に連想させるのが「緑内障」でしょう。症状として眼圧が高くなってしまう病気の代表例です。

 

健康的な目であれば、線維柱帯がフィルター代わりになってくれているのですが、緑内障になると目詰まりを起こしてしまい、目の水分がうまく流れず、眼圧が上がってしまいます。水の出口が狭くて出られなくなってしまう事で、眼圧が上がってしまうのです。

 

【緑内障の症状】
・頭痛
・吐き気
・かすみ目
・目の痛み

 

急激な症状を引き起こしてしまい、放置していると眼病につながってしまう恐れがあります。ただし、眼圧が高いからといって必ずしも緑内障というわけではなく、眼圧が正常範囲でも緑内障になってしまう人もいます。